水素事業への取り組み

再生可能エネルギー

太陽光や太陽熱、水力、風力、バイオマス、地熱などのエネルギーは、一度利用しても比較的短期間に再生が可能であり、資源が枯渇しないエネルギーとして「再生可能エネルギー」といわれ、石油等に代わるクリーンなエネルギーとして、政府が導入・普及を促進しています。
ただし、電気の形では貯蔵が難しいため、いったん水素に変換して保管する方法が考えられています。燃料電池車(FCV)は走るだけでなく、非常時には発電機として長時間稼働させることが期待されています。 再生可能エネルギーに関しては、政府の補助金による整備事業がたくさん行われています。

再生可能エネルギー